online pharmacy Canada

破壊的・非破壊的イノベーション【後】おにぎりと音楽のエコシステム

ワールドマーケティングサミット東京2019 、早稲田大学大学院 経営管理研究科教授 川上智子氏の「日本発のマーケティングによる価値創造とイノベーション」講演の後半。前半の破壊的イノベーションに続き、今あるものを生かす“非破壊的イノベーション”に注目しました。

非破壊的イノベーションのパーク24

川上氏は、非破壊的イノベーションを、「ブルー・オーシャン戦略」と「サステナビリティマーケティング」の2つの切り口で解説しました。

「ブルー・オーシャン戦略」について、2018年INSEADケースにまとめた、パーク24のコインパーキング事業、タイムズの事例を紹介。

パーク24は、人の往来がある小スペースに出店するコンビニエンスストアのモデルを、時間貸の駐車場に置き換えて展開。土地不足の日本における遊休地を活かすことで、既存業界をうまく生かしつつ、新しい顧客価値を生みだしました。

日本人マネジメントの持続性(サステナビリティ)

「大変なコトラー先生ファンです」と自己申告する川上氏は、コトラー氏にちなんだ研究を紹介。

2015年 フィリップ・コトラー氏の著作 『Confronting Capitalism』 日本語版 『資本主義に希望はある―私たちが直視すべき14の課題』に触れ、これにインスパイヤされた関西大学教授 岩本明憲氏、一橋大学大学院准教授 鈴木智子氏との共同研究について紹介。8月にシカゴで開催された2019 AMA Summer Academic Conferenceにおける発表内容を紹介しました。

そのタイトルは、『Implementing Sustainability Marketing Strategy: Findings from collectivistic culture』(サステナビリティマーケティング戦略の実践 ~ 集団主義文化からの発見) 。

「日本人はシャイで、“こういうことを言ってます”と言いづらい恥の文化」「隠していても、言わなくても分かり合える、社会的な活動を大っぴらに言ってこなかった集団」という日本人のマネジメントを研究対象にしています。そのサステナビリティをフレームワークに落とし込もう、という研究です。

ソーシャルマーケティングと三方良し

その研究の出発点とも言える論文を2つ紹介。

そこで、「企業が行うソーシャルマーケティング」と、「NPOが行うソーシャルマーケティング」という分類に触れ、最近の実践例として乳がん早期発見の啓蒙を目的とした「ピンクリボン」を取り上げました。

  • 企業:キャンベルスープのピンクリボンキャンペーン(2007年米プレスリリース
  • NPO:福井県済生会病院の壁を飾るピンクリボンのペイント(2018年お知らせ)を通して、乳がん検診の受診率が向上

さらに、日本の近江商人に始まった「三方良し」- 売り手良し・買い手良し・世間良しに踏み込み、「ここの世間とはローカルコミュニティ、本業の稼ぎで学校や橋を作ること」と説明。

サステナビリティマーケティングは、より広範囲でより大きなインパクトの活動に広がっている」と述べました。

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る